イルミネーション製品について

接続方法

イルミネーション製品の連結や電源部の接続は、以下の手順に従い接続をお願いいたします。

イルミネーション接続方法1

①イルミネーション製品の連結部や電源部のプラグに印字してある矢印の向きを合わせて、穴の位置、凸凹を確認します。

イルミネーション接続方法2

②ゴムパッキンがあることを確認し、プラグの凸凹を合わせて挿し込みます。

イルミネーション接続方法3

③接続口とゴムパッキンとの隙間が無いことを確認し、しっかりとキャップを締めます。

イルミネーション接続方法4

④雨などで濡れる場所に取り付けを行う場合、通電の確認を取り、末端、接続部分は、防水用熱収縮チューブなどを使用し、「防水処理」の項目をご確認のうえ、適切な絶縁、防水処理を行ってください。

注意事項
  • パワーコードなどを接続する際、感電の危険があり大変危険ですので、必ず電源が入っていないことを確認したうえで行ってください。

防水用熱収縮チューブを使用しての防水処理

イルミネーション防水処理1

①防水用熱収縮チューブを片方のコネクターから通し、コネクターの矢印の向きを合わせ、奥までしっかりと挿し込み、しっかりとキャップを締め、動かないことを確認してください。
締めが緩いと内部に隙間ができ、結露などが発生する場合がございます。

イルミネーション防水処理2

②接続部が、中心に来るように防水用熱収縮チューブを被せます。中心よりずれると、収縮した際、片方に寄りすぎ、十分な効果が得られない場合がございます。

イルミネーション防水処理3

③ホットガンなどで熱を加えると、チューブが収縮し内部の糊が溶けだします。外側の収縮だけでは防水効果はございませんので、内部の糊が溶けているのを確認してください。

イルミネーション防水処理4

④浸水したりするような隙間が無いことを確認してください。

点滅用簡易コントローラーの保護

  • 点滅用簡易コントローラーは防雨仕様ですが、防水仕様ではございません。
    屋外でご使用になる際、直接雨などがあたらないよう、できる限り電源ボックスなどに設置してください。
  • ビニールなどでカバーをする場合は、図のようにコントローラーを上向きに立て、ビニールの口部分は浸水しない程度に塞いでください。完全に密閉すると、結露が発生した際、水抜きがされず水没になる場合がございます。

コントローラーの保護

取り付け時の注意事項

  • 屋外での取り付けの際、強風などでイルミネーションが揺れたり、衝撃を受けたりしないよう、ワイヤーなどを使用し、しっかりと固定してください。
  • 吊り下げるような取り付けの際、ワイヤーロープなどを使用し、イルミネーション製品本体に無理な負担がかからないよう、結束バンドなどで固定してください。

イルミネーション取り付け